男性の薄毛の原因の大半をしめるAGA!AGAになってしまった時の育毛方法とは

薄毛 AGA
薄毛の原因はいくつかありますが、実に9割の男性がAGAにより薄毛になってしまっていると言われています。

AGAというのは男性型脱毛症とも呼ばれるもので、育毛剤を使用したりクリニックなどで専門的な治療を受けることで改善が可能です。

具体的にはどのように育毛をしていくべきなのか、これからご説明していきますので薄毛で悩まれている方は参考にしてみてください。

自宅で自分で育毛をしたいと思っている方は、育毛剤を使用しましょう。育毛剤には血行を良くするもの、頭皮に栄養を与えるものなど、種類がたくさんあります。

しかしながら実際に発毛及び育毛効果に期待ができるとして厚生労働省から認可されているのは、ミノキシジルという成分が配合された育毛剤のみです。

AGAではない薄毛であれば、ミノキシジル以外の育毛剤でもなんらかの効果を得ることができる可能性はありますが、AGAだと推測される場合にはミノキシジル配合の育毛剤を使うべきだと覚えておきましょう。

また海外産の育毛剤はミノキシジルの配合量が高過ぎるために、副作用などの危険性も考えられます。なのでできれば日本の育毛剤を使用するようにしましょう。

自宅で行うよりももっと効果に期待ができる育毛をしたいと思った時には、クリニックや病院に行きましょう。

お金はかかりますが、その分効果の高いAGA治療を受けることができ、発毛や育毛もうまくいきやすいと考えられます。

クリニックや病院での治療の方法としては、大きく育毛剤の使用、頭皮への薬剤注入、クリニック独自のサプリメントやマッサージなど、植毛があげられます。

育毛剤は外用薬と内服薬があり、内服薬の方は処方箋がないと買うことができません。実は育毛剤は外用薬だけではなく内服薬も一緒に使用した方が効果は高まると言われています。

育毛剤の利用だけであれば、月におおよそ1万円から3万円程度で治療が可能だと言えるでしょう。

頭皮への薬剤注入はメソセラピーと呼ばれるもので、効果には高い期待ができます。しかしながら、料金は半年で40万円前後と高額なので、気軽にできるものではないと言えるでしょう。

さらにクリニックによっては独自のサプリメントなどを用意している場合もあります。できることはなんでもやって育毛していきたいとお考えの方は、そういったものもやってみると良いでしょう。

最後に植毛ですが、こちらは耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。自分の毛がはえている皮膚を、毛がない部分に移植するというのが植毛のやり方です。

こちらもかなり高額ですが、効果は最も高い育毛方法なので、最終手段として覚えておいて損はないでしょう。

Comments have been closed/disabled for this content.