育毛シャンプーを使った洗髪方法

昔から頭皮が脂っこくなりやすく、そのせいで髪の毛も薄くなってきたというような人には、育毛シャンプーがおすすめです。

育毛シャンプーには、新たに毛を生やすサポートをしてくれる成分、既に生えている髪の毛を黒々と元気に保つための成分なんかの他に、通常のシャンプー以上に、頭皮の皮脂をキレイに洗い流すための成分が含まれています。

しかし、せっかくそういった成分が入っていても、正しく洗髪が出来ていなければ、高い効果を得ることは出来ません。

そこで今回は、育毛シャンプーを使用する際の洗髪方法について書いてみたいと思います。

まずは、お風呂にしっかりとお湯を張り、身体を温め、洗髪の準備をします。通常状態だと、カチカチに固まった皮脂が毛穴をビッシリと覆っている状態ですが、身体を温め、毛穴を開くことにより、皮脂が落ちやすい状態となります。

次は、実際にシャンプーを使っての洗髪についてです。最初に、育毛シャンプーを手に取り、しっかりと泡立ててから髪の毛や頭皮にフワッと乗せて行きます。

この際、髪の毛に直接シャンプーを付けて泡立てる人がいますが、この泡立て方だと髪の毛同士がこすれて、傷みの原因となります。

そこまで出来れば、後は泡を頭に馴染ませ、毛穴から汚れを押し出すような感覚で、指の腹で揉み洗いを行います。爪を立てると、頭皮が傷ついてしまうので、注意が必要です。

最後は、すすぎについてです。通常のシャンプー以上に、育毛シャンプーには刺激の強い成分が含まれています。髪の毛に残っていると、頭皮を傷める原因になるので、念入りに泡を落とすように心がけましょう。

耳の裏や、もみあげの辺りなんかには泡が残りやすいので、より気を付けてすすぎを行うようにしましょう。

Comments have been closed/disabled for this content.