薄毛の原因と育毛剤の効果、使用方法、副作用について

女性 育毛剤
薄毛の原因は男性ホルモンが影響していると言われています。

男性ホルモンの分泌量が多くなってしまうと、ジヒドロテストステロンという成分に変化して髪の毛の成長を阻害してしまいます。それにより抜け毛が増えてきて薄毛が進行してしまいます。

また薄毛の原因は睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなども影響している事があるので、不規則な生活を送っていると薄毛が進行しやすくなってしまいます。

薄毛を改善していくには、男性ホルモンの過剰分泌を抑制する事と規則正しい生活を送る事が大切になってきます。

薄毛の原因となっている男性ホルモンの過剰分泌を抑えていくには、育毛剤を使用するのが効果的です。

育毛剤にはオウゴンエキスという成分が含まれているので、男性ホルモンの過剰分泌を抑える事が出来ます。

男性ホルモンの過剰分泌を抑えると、ジヒドロテストステロンが発生する事がなくなるので、髪の毛の成長を阻害してしまうのを防ぐ事が出来ます。

また育毛剤には、センブリエキスやニジンエキスが含まれているので血管拡張作用があります。

血管が拡張される事で頭皮周辺の血流が良くなるので、必要な栄養素が髪の毛に行き渡りやすくなります。また頭皮環境も整える事が出来るので、薄毛を改善していく事も出来ます。

育毛剤は、入浴後に頭皮に塗ってマッサージをするのが基本的な使用方法です。

育毛剤を頭皮に塗ってマッサージすれば育毛成分が頭皮全体に浸透していくので、頭皮環境を整えていく事が出来ます。

それで薄毛を改善していく事が出来ますが、即効性があるわけではないので毎日続けていく事が大切になってきます。

育毛剤を使用し始めてから最初の1ヶ月はあまり効果が出ない事が多いですが、3ヶ月から半年を経過すると徐々に効果が出てくるので長いスパンで考えていく事が大切になってきます。

育毛剤は薄毛を改善していくのに欠かせませんが、人によって使用した後に副作用が出てしまう可能性があるので注意が必要です。

育毛剤の副作用でまず挙げられるのが頭皮トラブルです。育毛剤の中に含まれている成分が頭皮に合わないと痒みを伴ったり湿疹が出来てしまう事があります。

育毛剤と副作用に関しては育毛ファースト.jpでわかりやすく解説しています。

育毛剤を使用する前にパッチテストをして頭皮に合うか確認しておく事が大切になってきます。頭皮トラブルの他に育毛剤の副作用として挙げられるのが、低血圧の症状が出てしまう事です。

育毛剤には血管拡張作用がある成分が含まれているので、使用すると血圧が下がる事があります。

特に血圧が低い人が育毛剤を使用すると低血圧になる可能性があるので注意が必要です。